2012年01月10日

正月スペシャル 「勝手に松本映画祭」

いつまで正月気分なんだ、ってタイトルですが、

正月スペシャル 「勝手に松本映画祭」 開催!

と称しまして、過去作品 『ファイントレイン』(55min)を
期間限定でYou Tubeにアップしています。


http://bit.ly/zaY5R1
↑このページのままだと動画サイズが小さいので、このURLから本家に飛んで頂き、
 拡大 又は 全画面サイズでご鑑賞頂ければと思います。

近年のコメディタッチな作品しか知らない方は、
この時期、、、病んでたの?と思われるかもしれません。笑
昔はシリアスなのもよく作ってたのです。
近頃はポップなものが多かったので、またこっち方面も撮りたいらしいです。
気が向いたら観てやってください〜

※1/15にて公開期間終了となりました。ご鑑賞頂いたみなさま、ありがとうございました!

■ファイントレイン
2002/日本/カラー/55min/昔話風ファンタジー
<'03 TAMA NEW WAVE映画祭 入選>

テツヤは無気力な青年。
ある日、テツヤは自分の事を呼ぶ女性の声がして目が覚める。
テツヤの目覚めた「そこ」はいつもの自分の部屋と似ているが
何か雰囲気が違う「どこか」の部屋の中に居た。

何故か痛い頭を抱え、少しづつ記憶が戻る。
テツヤは雨の降る中、外を自転車で走っていた。
しかし突然飛び出してきた車と接触、テツヤはその場に倒れこんでしまったのだ。
「死んだのか・・・?」
そんなことを考えつつ、それはそれで、どうでも良くなっている所に
先程テツヤを呼び起こした女性がテツヤの姉だと名乗る。
テツヤに姉は居ないがそんな事も、自分にはどうでも良くなっていた。
さらに姉はテツヤに「おつかい」を頼みたいという。
そのおつかいとは、今から来る電車に乗って九つ先にある駅まで
「小さな箱」を届けて欲しい、というものだった。

監督・脚本:松本卓也
製作:シネマ健康会
posted by シネマ健康会 at 10:57 | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする